https://kadokyuu-igo.com/ 東日本大震災より10年 | 占い処 愛宕山

東日本大震災より10年

黙祷

 

いつもお世話になっております。

愛宕山です。

 

今日は、あの東日本大震災より10年です。

まず、当時亡くなられた方々のご冥福と、被災地の一日も早い復興を心から願って、この場をお借りして黙祷を捧げます。

 

2011年3月11日(金)、14時46分

 

あの当時、皆さんはどこでどのようにお過ごしでしたか?

職場で勤務中、学校やクラブ活動、自宅で家事や休憩、まだ生まれていなかった方もいらっしゃると思います。

 

私は当時19歳。大学1年の春休みでした。

金曜日でしたので、午前中は自宅で過ごし、午後は大人の囲碁教室の講師を務めに行っておりました。

 

大人の生徒さん相手に指導中、少し強めの地震が来たかと思いきや、あっという間に大地震に。

ほとんどの講師や生徒さんたちは走って外へ行きましたが、2人くらいのおじさん(70代)は、「別にこのくらい大丈夫だ」と言って、のんびり囲碁を打ち続けていました(汗)

いやいやダメでしょう!!(笑)

そのおじさん2人を引っ張って、何とか外まで抜け出したものの、まもなく建物は閉鎖、解体されました。

 

仙台駅周辺へ来ると、行き交う人々は大混乱で、まるでゴジラ映画のワンシーンのような光景でした。

信号は消え、看板や物が崩れ落ち、こんな世界が存在するものかと、唖然となったのを覚えています。

 

(2021年1月撮影の仙台駅前。写真左奥に見えるSS30ビルのアンテナの一部が、震災により失われました。)

 

 

ライフラインは全て停止

 

もちろん、電気、ガス、水道などライフラインは全て止まってしまいました。

その日の夜は、家具が散乱した部屋の中を土足で上がり、お菓子などを集めて腹に入れると、すぐに就寝しました。

 

次の日、同居していた母親が腹痛を起こし、トイレを使いたいと言い出します。

そこで私は、自転車で片道30分ほどの河原へ行き、トイレに使う水を汲んでくると話します。

当然母親は「地震の翌日に河原なんて、死にに行くのか!!」と大激怒(笑)

 

それでも行くと言い張る私と、力ずくで止める母。

 

見かねた?近所の人が、近くの公園の水道水が使えることを教えてくれて、事なきを得ました。

 

 

 

未だ行方不明の知り合いも・・・

 

当時はガラケーを使用してましたが、数日間は回線が混み合い、電話やメール1つにしても大変でした。

片っ端に親戚や知り合いに電話をかけ、メールを送り、ひたすら安否確認。

 

ほとんどの親戚や友人知人は無事を確認することができました。

 

しかし、震災以来行方が分からなくなった知り合いや、学校へ戻ってこない同級生も、何人かいました・・・。

 

1日も早い完全復興を、心からお祈り申し上げます。

 

10年経ったものの、未だに仮設住宅でお過ごしの方や、片付かないガレキの山はたくさんあります。

まずはそう言った復興支援を最優先に、政府には動いていただきたいです(あくまでも個人的な意見として)。

 

東京オリンピックを開催する多額な費用を、復興支援など、有意義なことに使っていただくことはできなかったのかと・・・。

 

幸せは1人1人違うのはもちろんです。

 

遊ぶ時間が幸せな人もいれば、好きな人と一緒にいるのが幸せな人、1人で気楽に過ごすのが幸せな人。

 

しかし、本当の幸せの原点は「衣食住」だと私は思ってます。

 

何をするにしても、「衣食住」が整っていなければ、やりたいこともできないし、夢も叶えられなくなってしまいます。

 

「衣食住」を満足させるために、人は一生懸命に働きます。

 

最後に

 

電話やメール、zoom等を使用した占い鑑定を行なっております。

 

対面しなくても鑑定ができますので、日本全国どこからでもお受けいただくことが可能です。

 

仕事・恋愛・家庭の人間関係でお悩みの方、3ヶ月以内の運勢を参考にされたい方など。

 

私、愛宕山が、全身全霊でサポートさせていただきます。

 

相談(無料)のみでもお気軽にお問い合わせフォームよりご連絡くださいませ!

 

 

今日も私のつまらないトークにお付き合いいただき、ありがとうございました(^^)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください