https://kadokyuu-igo.com/ 囲碁の着手禁止点 | 占い処 愛宕山

囲碁の着手禁止点

囲碁で打てないところ(着手禁止点)

 

どうも!あたごやま囲碁道場長、茶碗のかどです^^

 

例えばサッカーならハンドはダメ、将棋なら二歩はダメなど、どの競技においても禁止事項はありますよね。

この記事では、囲碁において打てないところ(着手禁止点)を説明します。

 

「逃げ道が1つも無いところ」は着手禁止点

 

まずは1図をご覧ください。

1図のような、白に囲まれた◯部分に、黒を打つことはできません。

◯部分に黒を打ったとして、黒の逃げ道はいくつあるでしょうか?

答えは0。そう、「次に打ったところで、逃げ道が1つも無いところ」が着手禁止点です!

仮に、黒が◯の部分に打ったとして、以下参考図のようになります↓

 

参考図

お気付きの方もいらっしゃると思いますが、これって黒が白に取られている時の形ですよね?

言い方を変えると、「自分から取られにいくところは打てない」ということでもあります^^

子供囲碁教室で教えてた時、よく子供達が「自爆だ自爆ー!」なんて言ってました(笑)

 

では、以下2図〜4図まで、少し形を変えた例も確認してみましょう!

 

2図

 

3図

 

4図

 

いずれも黒は◯の部分に打つことができません。

打ったところで、逃げ道が1つも無いのがお分かりいただけましたか?^^

 

では、以下5図と6図で、黒は◯の部分に打てるでしょうか?

 

5図

 

6図

 

「逃げ道が1つでもあれば打てる」ということさえ理解していれば簡単!

どちらの図も、次に黒が◯に打っても、それぞれaとbに逃げ道がありますから、これは打てます^^

 

逃げ道が無くても、相手の石が取れる時は打てる!

 

逃げ道が1つも無いと打てないとはいえ、例外はあります。

例えば7図の場合、次に黒がaに打つと、黒に逃げ道が無いように見えますよね?しかしよく見ると、△の白がアタリになっているので、△の白を取ることができます。

7図

つまり、「相手の石が取れる場合は、逃げ道が無くても打てる」ということです。

 

ではもう1つ、8図の場合、次に黒がcに打つことは出来るでしょうか?

8図

 

答えは、打つことができます!

cに打つことで、アタリになっている△の白2つを取ることができますからね^^

 

お分かりいただけましたでしょうか?^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください