https://kadokyuu-igo.com/ 囲碁の基本ルール、石の逃げ方 | 占い処 愛宕山

囲碁の基本ルール、石の逃げ方

あと一手で取られる形「アタリ」

 

どうも!あたごやま囲碁道場長、茶碗のかどです^^

前回の記事では、石の取り方について説明しました→囲碁の基本ルール、石の取り方

ですから逆に、今回の記事では、取られそうな石の逃げ方について説明いたします^^

 

まずは1図を見てみましょう。

 

1図

黒の逃げ道はあと1つ。あと1手で取られてしまう状態を、囲碁では「アタリ」と呼びます。

1図の黒はアタリです。

では、取られないよう逃げるためには、どのように打てば良いでしょうか。

 

2図

何となくピンときた方もいらっしゃるかも知れませんが、2図の通り!

要は「次に相手から打たれたら取られる場所」に自分が打つことで、取られずに済みます。

2図の黒を見てもらうと、逃げ道が赤い丸印の3ヶ所に増えていることが分かりますね^^

石の逃げ方、優しい練習問題

 

それでは以下の3〜6図まで、同じ理屈で考えてみてください。

いずれの図も、黒はアタリの状態です。

 

3図

 

3図の答え↓

このように打てば、アタリだった黒の逃げ道が2ヶ所に増えました!

 

4図

 

4図の答え↓

こちらは隅で取られそうな黒。こう打てば、逃げ道は2ヶ所に増えてますね!

 

5図

 

5図の答え↓

石数が増えましたが、考え方は一緒。このように打てば、黒3コの逃げ道は赤い丸印の3ヶ所に増えてます^^

 

6図

 

6図の答え↓

石数も増え、形もだいぶ変わりましたが、「アタリに気付くこと」と「次に相手から打たれる場所」が分かれば簡単!

これで黒4コの逃げ道は3ヶ所に増え、取られずに済みました^^

 

超基本的で優しい石の逃げ方、ここまで読んでいただければ、あとはやりながらすぐに身に付きます^^

ゆっくりマイペースに、楽しんで覚えましょう^^

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください